【正しい方法】後悔しない人間関係を断捨離する基準とコツ

の人ともう付き合いたくない…

日本では他人に合わせることが美徳とされていますよね。村社会の延長でしょうか。

でも、それで自分が疲れて相手が嫌いになってしまったらそれって本末転倒です!

かといって「あんたは嫌いです、もう近寄らないで」なんて言える人なんてほとんどいないと思いますし、人間関係の”断捨離”って相手をゴミのようにしているようでちょっと気持ち悪いですよね。

今回は後悔しない人間関係の断捨離と、正しい方法を伝授します。

Step1.『いい人』と『よくない人』の定義を知ろう

「あの人ほんとに嫌な人」とか「あの人は良い人だ」と思う人がいますよね。

人間関係の断捨離では「良い人」を残せば良いのですが、じゃあ良い人の定義とはなんなのでしょうか?

これは部屋の片付けの断捨離と同じように考えましょう!ちょっと非道徳のような感じがしますが、一番わかりやすいです。

あなたが部屋を掃除するときに捨てる物って何ですか?

それは、もう必要なくなったモノだと思います。

じゃあ必要ないと判断した理由は?というと、今後の人生に関係がないとか、自分の人生にとって重要じゃないと判断したからです。

つまり!

人間関係の断捨離も同じで「怒ってくるから嫌い」とか「見た目が嫌い」とか短期的な目線で断捨離しようとすると後悔する可能性があります。

まずやるべきことは『自分は将来どうなりたいのか?どういう人に囲まれて生きたいのか?』を決めることです。

目的によって「良い人」「よくない人」の定義は変わる

なぜ『自分は将来どうなりたいのか?どういう人に囲まれて生きたいのか?』を決める必要があるのか?というと、あなたの目的によって、いい人、よくない人はコロコロ変わるからです。

例えばあなたが「仕事だるい。早く帰りたい。」と思っていれば、仕事のことを注意してくる上司は「口うるさいよくない人」になるかもしれません。

でも、あなたが「この仕事でキャリアをつけて自分の夢を叶えたい!」と思っていれば、仕事のことを注意してくる上司は「アドバイスをくれるいい人」になります。

つまり、目の前の人はあなた自身の目的によって「いい人」にも「よくない人」にもなるということです。

Step2.自分の態度(言動)でキチンと示す

自分の目的を決めると、断捨離するべき人がハッキリと見えてきたと思います。

人生を長期的に考えて、自分の目的を邪魔してくる人などは断捨離していきましょう。

例えば、「自分の時間をムダに奪ったり、愚痴をいってくる人と付き合っていると自分までそうなってしまいそうだ、自分はこんな人生を望んでない!」と思ったら断捨離するべきです!

もちろんその場合は相手が変わるのを待つのではなく、自分からキチンと態度で示していきましょう。

人間関係は鏡である

よく「人間関係は鏡だ」と言われています。

似た者同士が集まるという風にも言われますが、僕はこれは概ね正しいと思っています。

例えば「この上司、いっつも飲み会に誘ってくるな〜…。今日は早く家に帰って自分の時間を大切にしたい…。」と思った場合、自分の態度を見てみてください。

僕はそうだったんですが、”上司が飲み会に誘ってくる”のも確かにそうだったんですが、”自分が飲み会を断らずに参加している”というのも事実でした。

上司の中で「こいつは誘えば来るな」という認識になっていたのでしょう。

つまり、相手の態度は自分の態度が原因になっている可能性が大いにあるのです。

もし僕が「今日は予定があるので行けません!」とハッキリと断るタイプの人間だったら、上司は「こいつは押しても来ないタイプだな」という認識になっていたはずです。

確実に自分の態度のせいかはわかりませんが、自分の態度を変えることで相手の反応が変わることは間違いありません。

「●●さん、愚痴ばっかで嫌だな〜」と思ったら、もしかしたらあなたがその愚痴に頷いて聞いてくれるから「この人なら愚痴を聞いてくれる」と相手の中で思っているかもしれません。

なので、望んでいないのであれば「ごめん、愚痴りたいのはわかるけど、やっぱり私は影で人の悪くいうのあまり好きじゃないんだ。」とハッキリ言いましょう。

それで離れたいから嫌われたなら、それは『断捨離の成功体験』です。

その瞬間はショックだとは思いますが、何だかスッキリした気持ちになるはずです。

Step3.長期的な目線で変えていく

人間関係を変化させることにおいて大切なのは『長期的な目線』です!

自分の態度を変えたからといってすぐに相手の態度が変わるとは限りませんし、ほとんど場合すぐに効果は現れません。

例えばあなたの友達の態度が変わったとして、「なんか今日ちょっと変だな。ま、そういう日もあるか。」と思うでしょう。

付き合いが長ければ長いほど、相手が持っている自分の印象をいきなり変えるのは難しいです。

もしブチっと切れないような人間関係であれば、長期的な目線を持って断捨離していきましょう。

まとめ

最終的にあなたの人生を守れるのはあなただけです!!

1.自分の目的を決める
2.目的を邪魔してくる人は断捨離する
3.自分の態度(言動)で示していく

この3Stepで行ってみてください。

子供のときに「みんなと仲良くしましょう!」と教えられたかもしれませんが、大人になったらわかるはずです。

「みんなと仲良くする・好かれるなんて無理!」と。

子供時代に見た大人は完璧に見えたかもしれませんが、親も学校の先生でもみんなと仲良くなんてできていません。笑

人間関係なんて問題があったり、何だかうまくいかないのが正常です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です