【目的・目標達成】モチベーションが続くかは最初の9割で決まる

どうも、しんのすけです。

よく「夢はあるのですが、モチベーションが続きません」という相談をいただきます。

この原因って色々あるのですが、今回は根本的な話をしたいと思います。

結論から言うとモチベーションが続かないのは目的が『ネガティブベース』なのか『ポジティブベース』なのかの違いです。

目的と目標の違いとは?

まず最初に『目的』と『目標』の違いについてです。

この違いってわかりますか?僕は教えてもらうまで全く知りませんでした。

正解は『目的』とはゴールのこと、『目標』とはゴールに辿りつくための道筋のことです。

例えば「カレーを食べる」という『目的』を立てれば、「カレーの材料を集める」は『目標』になります。

当たり前のように感じるかもしれませんが、ここはかなり重要なのでよーく覚えておいてください!

ネガティブベースの目的は危ない

「思い通りの人生にならない」という人に多いのが「こうなりたくない!」というネガティブベースの目的で生きているパターンです。

こういう目標を『回避目標』と言います。

僕が半うつ状態になった時を振り返っても完全にこのパターンが当てはまります。

  • 「バカにされたくない」
  • 「人に嫌われたくない」
  • 「失敗したくない」

などなど。

カレーの話で例えるなら「カレーは食べたくない!」という感じです。

「カレーは食べたくない!」という『目的』を設定した場合、『目標』どうなるか?というと、カレー以外の食材を選ぶことになりますよね。

そして最終的にはカレー以外の何かが出来上がります。

じゃあそのカレー以外のものに満足できるのか?というと、そうではないと思います。

ネガティブな目標を避けた結果、出来上がったもの。ですよね。

つまりこれが「望んでないのに、自分の元にある」という状態です。

これ、僕も経験的にすごくわかるんです。

僕の経験を話すと僕は小さい頃、父親があまり尊敬できませんでした。

なので小さい頃から「父親のようにはなりたくない!」というネガティブベースの目的で生きていました。

その結果選んだのは、自分がしたいことをする道ではなく、父親のようにならない道だったんですね。

確かに父親のようにはなりませんでしたが、就職後に「これは自分がやりたかったことなのか…?」と考えてみると、父親のようになることを避けた結果であることに気づきました。

つまり、「こんな人生は望んでない!」と言いつつも、これもある意味『深層心理の目的は叶ってる』と言えます。

ポジティブベースの目的を見つけよう!

じゃあどうすれば充実した人生を送れるのか?

それはポジティブベースの目的を見つけることです!

例えば「お金が欲しい!」という目的を持った2人の人がいたとします。

  • Aさん(ネガティブベース)
    「老後が不安だから、お金が欲しい…」
  • Bさん(ポジティブベース)
    「海外で暮らしをしてみたいからお金が欲しい!」

同じ目的でも、深層心理の目的がネガティブもしくはポジティブかで何が変わるのか?

それは…『人生の選択と幸福度』です。

ネガティブな未来を回避するために起こす行動が、どこか重荷に感じてしまいます。

不安がベースになっているので、目的を叶える道中もなんかワクワクせずエネルギーも出ません。

たどり着いた目的地も「なんでこんなところに来たんだろう…」と感じることが多くなります。

一方で自分が「やってみたい!」というポジティブベースの目的の場合、その道の過程にある目標は「知りたい!」「やってみたい!」というワクワクしたものになります。

心理学でも人間が充実感を感じたり、人生に幸福感を感じるのは状況がどうというよりも「自分で選んでいる」という『自己決定感』が重要と言われています。

「〜したくない」から「〜したい!」に変えよう

「自分は不安ベースで生きていた…間違ってたのか…」と凹む必要はありません。

つまり、今の人生が間違っているのか?というと、必ずしもそうではありません。

例えば「将来は〇〇になりたくない…」というネガティブベースで行動していたとします。

ではそれを裏返してみて「将来〇〇になりたい!」というポジティブベースの目標に逆転してしまえばいいのです。

「〜したくない」という欲求の裏には、確実に「〜したい」という欲求が隠れています。

ようするに、ネガティブもあってOK、その後ろに必ずポジティブも加えましょう!ということです。

繰り返しになりますが、ネガティブもしくはポジティブのどちらの目的がベースになっているかで人生の選択が変わり、質が変わります。

ワクワクしながら、キラキラしながら目的を叶えている人はやはり「こうしたい!」というベースで行動しています。

まとめ

これって人間関係でも同じことが言えますね。

「こういう人は嫌い!付き合いたくない!」

と思っていたらそういう人が目につきやすくなりますよね。

「こういう人が好き!友達になりたい!」

と思っていたら目につきやすくなるし、発見したら声を掛けたくなると思います。

すごく単純なことですが、かなり強力な方法なので是非やってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です