他人に理解されないことを恐るな!自分の価値観を大切にした方が良い理由

どうも、しんのすけです。

よく「ワクワクすることをしよう!」とか、「好きなことを仕事にしよう!」とかって言いますよね。

夢のないことをいうと、ワクワクすること・好きなことをやっていても辛いことはありますよ。

ただ、ここが重要で、「辛くても乗り越えたい」と思えるのがワクワクすること、好きなことなんですよね。

だから、ワクワクすること、好きなことをするって、やっぱり超大切なんです。

今回は、他人から理解されない自分の価値観を大切にすることで人生が変わるという話をしたいと思います。

後ろ向きな思考が行動につながらない理由

行動しようと思っても行動できないことってあると思います。

大抵そういうときって、後ろ向きな思考になってることが多い。

たとえば「Youtubeとか使って自分でお金を稼ぎたい」という欲求があったとします。

その理由(原動力・モチベーション)が以下のようなものだったとします。

  • 「将来に不安がある」
  • 「他人にバカにされたくない」
  • 「惨めな思いをしたくない」

これって後ろ向きな思考ですよね。

後ろ向きな思考で行動力が発揮されるのは、「その不安が的中したとき・的中すると確信したとき」です。

たとえば、「1年以内に100%の確率で南海トラフ地震が起こります」と地震を研究している公的な機関がテレビで緊急ニュースを報道したらどうでしょうか。

今から地震に備えて安全な場所に引っ越すとか、食糧や水を備蓄をするとか、何かしらの行動を起こしますよね。

つまり、人間が後ろ向きな思考で行動できるのは「不安や恐怖を確信したとき」がほとんどです。

じゃあなぜ「不安や恐怖を確信したとき」じゃないと行動できないのか?

それは、人間にとって現状維持が一番安全だからです。

後ろ向きな思考の一例をもう一度紹介します。

  • 「将来に不安がある」
  • 「他人にバカにされたくない」
  • 「惨めな思いをしたくない」

つまり、「不安や恐怖」を避けるための最適解は『現状維持』なんですよね。

だから、後ろ向きな思考ではほとんど行動できないんですね。

「好き」はエネルギーを連れてくる

一方で、前向きな思考とはどういうものか?

一例をあげると下記のようなものです。

  • 「やってみたい!」
  • 「おもしろそう!」
  • 「楽しそう!」

つまり、好奇心や興味・関心のような人間にとって好ましい感情ベースの動機が、前向きな心を作ります。

紹介したとおり、人間にとって一番安全・安心な場所が現状維持です。

そこ(現状維持)から飛び出すための行動力は、ワクワクやドキドキといった探究心のようなものから来るということですね。

※もちろん現状維持は人間の本能なので、全然悪いことではありません。

でも、行動力をあげるために大切なのは、自分が向かいたい未来を決めることなんですね。

自分の「好き」は他人には理解できない

行動するうえで大切なのは、他人に理解されないことを恐れないことです。

厄介なことなんですが、この「ワクワク」とか「ドキドキ」って他人に伝わらないことがほとんどなんですよ。

「ワクワク」とか「ドキドキ」って脳内で起こっている『現象(意識体験)』です。

たとえば、お化け屋敷に入ることを怖がっている子供に、「お化け屋敷が怖くない100の理由」を説明したところで、子供の恐怖は解消されない。

「お化け屋敷なんて怖くないでしょ」という大人の感覚(意識体験)は言葉だけじゃ伝わらない。

言葉っていうのは、ただの記号なんです。

それと同じで、自分がワクワクすること、ドキドキすること、好きなこと、興味があることを100%相手に伝えることは難しい。

だから、他人からすると「そんなこと」でも、自分にとっては「楽しいこと」があるってことです。

自分にとって価値のあるモノを大切にしよう

しかし、僕らは教育課程で、大人や学校の先生に「これは価値がある」、「これは価値がない」みたいな『常識』という価値観を埋め込まれるわけですよね。

  • 「良い大学に入りなさい」
  • 「テストで良い点数を取りなさい」
  • 「安定した大企業に就職しなさい」

それは、大人や先生の価値観で、自分の価値観ではありません。

だからそんな”植え付けられた夢”のために頑張っても辛いだけなんですよ。

たとえば、テレビで切手コレクターや電車マニアのような、何かに熱中している人が紹介されることがありますよね。

「私が一番好きな切手はこれなんですよ〜!」とマニアの人が紹介したとします。

すると、大抵の場合、テレビではこう聞き返します。→「それ、売ったらいくらになるんですか??」

つまり切手に興味がない人からすると「切手を集める」という楽しさは理解・共感できない。

でも「お金」という金銭的な価値はある程度理解・共感できる。

とある切手が1枚10万円だとします。

「なるほど、そりゃ集める価値があるな」とテレビを見ている視聴者も納得できる。

しかし、実際のところはそうじゃないんです。

切手マニアが切手を集める理由は「売ったら高値がつくから」じゃないんですよ。

  • 切手のためならキツイ仕事も頑張れる
  • 限定切手のためならどこにだっていく
  • 切手のためならめんどくさいお手入れを惜しまない

その対象が、「アイドル」でも「旅行」でも「キャンプ」でも「読書」でも「釣り」でも「ゲーム」でもなんでも良いんです。

他人には理解されなくても、自分の心の中に「楽しい」という『心理的報酬』があるなら、それは人生を輝かせる自分だけの宝物になるんですね。

「好き」は仕事じゃなくてもいい

最後に、「好き」って仕事じゃなくてもいいんです。

「好きを仕事にするためには…?」と無理やり考える必要はありません。

資本主義社会では、「仕事」=「人生」みたいに思い込んでしまいがちです。

もちろん好きなことを仕事にできればいいですが、まずはそんなことを考えなくても良い。

「これは仕事になるか?」、「お金になるか?」、「やる意味はあるか?」とか考えだすとややこしくなるんです。

自分の『好き』が見つかれば人生は楽しくなります。

たとえば、プラモデルを作るのが好きな人は「今日仕事の帰り道にプラモデル買おう!」と仕事中でもワクワクできる。

その結果として、プラモデルの作成技術を他人にシェアしたくなってYoutubeでプラモデルの専門チャンネルを作ってしまうかもしれない。

そして結果的にYoutubeでお金を稼ぐこともできるかもしれない。

そう、結果的に見えてくるもんなんです。

まず「楽しい」という感覚があった方がいい。

「楽しい」という動機ではじめた人は、「Youtubeでお金を稼ぐためにプラモデル作りをはじめました」という人より強いと思いませんか?

まとめ:他人に理解されなくてもいい!そして自分を否定しない

自分の内側で起こることは、他人に伝えることはできない。

これはライターをやっている僕は痛感しています。

(だからこそ伝わるように文章を書き続けるんですけどね。)

自分が「ワクワクすること」、「やってみたいこと」、「楽しいこと」は人生で捨てないようにしましょう。

それはあなたが『生きる意味』になります。エネルギー源になります。

「プラモデルが好き」とか、「恋人と沖縄旅行にいきたい」とか、小さなことでもいいんですよ。

それを自分が「こんな子供じみたこと…」、「他人の役に立たない…」、「そんなことしてもお金にならない…」なんて否定しない。

もう一度繰り返しますが、あなたがワクワクすることは『エネルギー源』です。

「プラモデルがあるから頑張れる…!人生楽しい!」とかでいいんです。

自分にとって大事なことなら、大事にしていい。

自分の内側に敵がいなければ、周りの敵はどうでもよくなる。

では今日はこれで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です