【お金の勉強】お金を増やすお金の使い方。貯金すると貧乏になる理由。

お金は大事に貯金しなさい」

日本は資本主義というお金を使うことがルールの国です。

でも日本の学校教育ではお金の勉強は必須項目ではなく、社会に出ても全く使わない『古文・漢文』などを教えています。

僕も今現在は経済的に自立していますが、最初はお金の本質について勉強しました。

タイトルで「貯金すると貧乏になる」と書いていますが、この理由をこの記事でお伝えします。

  • 「将来的に自分でお金を稼ぎたい!」
  • 「自分の好きなことをお金に変えたい!」
  • 「貯金しているけど、本当に大丈夫か心配…」

という方にはかなり有益な情報ですので、読んでください。「貯金をすると貧乏になる」というのはとても簡単な理屈です。

>>しんのすけのYoutubeチャンネルで見る

お金そのものの価値を見ぬこう

「お金は欲しいですか?」と聞かれれば、誰しもが「欲しい!」と思うはずです。

そりゃそうですよね。お金があればいろんなことができます。

ですが、ここに落とし穴があります。

「欲しい」と思えば思うほど、お金って出したくなくなりませんか?

それが貧乏に関係しているんです。

なぜか?というと、お金はあくまでも『紙切れ』でしかないからです。大切なのは、「お金で何をするか?」です。

例えばあなたが1万円を持っていて、友達に「この1万円と、あなたの2万円を交換してよ!」と交渉したらどうでしょうか。

「ふざけんなっ!!」

って怒られるかもしれません。

つまり、1万円は誰が見ても1万円でしかないので、それ以上の価値も、それ以下の価値もありません。

この理屈と同じで、貯金してもお金は増えないのです。

当たり前の話ですが、これはめちゃくちゃ大切です。

お金を価値に変えると増える

じゃあお金を稼いでいる人や、お金を使ってお金を増やす人は何をやっているのでしょうか。

投資は別の話として、お金を枷でいる人は、お金を使って『価値』をゲットしています。

『価値』は人それぞれ違いますが、例えば下記のようなものがあります。

  • マッサージセラピストの勉強
  • 良いカメラや撮り方の技術
  • 心理学やビジネスなどの知識・スキル

1万円を使って「人間関係がよくなる本」を買ったとしましょう。その知識によって、あなたは人間関係が前より完全され、生きやすくなったとします。

一万円という『お金』は失いましたが、知識という『価値』をゲットしました。

その知識を元に、「人間関係がよくなる方法セミナー」を開いたとします。

1回2時間、一人3,000円です。10人の人が集まってくれました。

3,000円×10人=3万円の売上です。時給は1万5,000円です。

あなたは知識をお客さんに与えましましたが、自分から知識がなくなったワケではありません。

「私もそのセミナー参加したい!」

という人が現れれば、またセミナーを開くことができます。

つまり、お金を価値に投資して、その価値を人に与えれば1万円が3万円にも10万円にも、100万円にも交換することができるということです。

ちょっと極端な話に聞こえるかもしれませんが、ここでお伝えしたいのは学校で教えてくれないお金の使い方の話です。

少しずつでも良いから『価値』を集めよう

「お金を出すのはいやだ…怖い…」

という人もいると思います、お金を持っていた方が安心なのもわかります。

でも、今回紹介した通り、お金は持っていても増えません。

お金を稼いでいる人は、『目に見えるお金』にフォーカスしているのではなく、『目に見えない価値』にフォーカスしているからお金を稼げているんです。

ある一定のレベルになると、お金を使わずとも「あなたに教えて欲しい!」という流れが発生し、お金を使わずとも『信用』のみによってお金が生み出せるようになります。

もちろん人生の生き方はひとそれぞれなので、「貯金はやめろ!」なんてことは言いません。

でももし「会社に縛られず、自分で経済的に自立したい!」と思っている方なら必須の考え方です。

「まじで生活がカツカツなんです…」

という方は、収入をあげるか、生活水準を落とすか、もしくは図書館に行って勉強することで自分の価値を高めることもできます。

多くの人は「そんなこと言っても…」と行動しませんが、今回の内容を理解して長期的に考えられる方が増えてくれたらと思います。

まとめ

「貯金すると貧乏になる」とまでは言いませんが、貯金しても楽にならないカラクリがわかってもらえましたでしょうか。

僕はこれを知った時「なるほど!」と思った反面、「なんで学校では教えてくれないんだ!」という怒りも感じました。

それを実業家の人にいうとこう答えられました。

「先生もサラリーマンだから、知らないんだよ」と言われ、「なるほど」と納得したのを覚えています。

今は実業家のサロンなどがたくさんあるので、良い時代だな〜とは思いますが、それでも学校教育を信じている人の方が多いんだろうなとも思います。

無駄話が長くなってしまってもあれなので、今日はこれで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です